マロックス® SE-Ⅱ剤

(脱水素酵素含有/生物処理剤)
※特許第5238946号である生物処理剤の一つです。

malox2

生物処理の
酸素補給を助け、
BOD・COD・TOCを低減

マロックス® SE-Ⅱ剤は、廃水中の有機物質(CHO)と反応・分解して、スーパーオキシドアニオンイオン(O2・-)を発生させます。その後もレドックス反応を繰り返し、最終的に水と二酸化炭素になるまで分解します。


  • 具体的な利用
  • ・夏場の溶存酸素不足

  • ・負荷変動による溶存酸素不足

  • ・停電時の酸素補給

  • ・槽内の酸素不足や堆積物の腐敗で発生する硫化水素対策

  • ・電気量のデマンドコントロール対策

  • ・生物膜・担体の洗浄

荷姿 :液体
  • 20㎏のキュービーロンテナーもしくは1トンのコンテナでご用意しております。

※イメージ図

これまでの方法では、負荷の高い廃水は、ブロアを使い大量の電気で溶存酸素を発生させなければなりませんでしたが、マロックスSE-Ⅱ剤は、廃水中の有機物から水素を引き抜いて酸素を発生させるため、負荷が高ければ高いほど、効果が現れます。

有機物含有排水にマロックス剤を添加して溶存酸素が上昇する様子です。

マロックス®SEシステム(薬注自動制御)