reduction catalyst

マロックス® マグフェラス

水中の重金属を常温でフェライトにして
無害化

※特許第6347886号であるグリーンラスト製造方法及びその用途の一つです。

その他、クロム酸・セレン酸イオン等の還元性オキシアニオン(吸着還元)及びヒ酸イオン・リン酸イオンなどのオキシアニオンイオンを不可逆的吸着により金属イオンのみ無害化します

仕組み

マグフェラス(MMF)は、レドックス反応で安定的に高濃度第一鉄(Fe²⁺)を保有した水酸化第一鉄懸濁液(Fe²(OH)₆)です。水酸化第一鉄とは、緑錆(グリーンラスト)のことで、様々な環境汚染浄化能を有する自然界にも存在する物質です。
MMFの層の一部はFe³⁺に置換され、層間に陰イオンと水分子が入ります。

FeⅡ₍₆₋x₎FeⅢx(OH)₁₂

A:層間アニオン(e,g,SO₄²⁻,Cl⁻,etc)
Y:相間水分子(典型値2-4)

MMFは有害物質除去反応後緩やかに酸化されて磁性を保有するフェライト(Fe₃O₄)となる
その反応はMMF(フェラス)とフェライトの高密度・高反応性から生まれた処理法です。
フェラス(Fe²⁺)/フェライト(Fe³⁺)のミックス反応です。

マロックス® マグキャリア

重金属と有機物を同時に処理

※特許第6347886号であるグリーンラストの製造方法及びその用途の一つです。

マロックスマグキャリアは、水酸化第一鉄で処理の過程で生成する電気エネルギーで磁界をつくり処理を行います。最終生成物は、フェライト鉄となり再利用も可能です。難分解性物質・重金属の同時処理が可能です。

特徴

スラッジボリューム及び排出頻度が大幅に少なくなります。
磁気・濾過分離が可能で、沈殿分離槽が必要ありません。
排出されたスラッジは水分含有量が50%程度で資源物としてリサイクルすることができ、コスト削減が可能となります。

廃水処理でお困りの際にはお気軽にご相談ください
電話でのお問い合わせ 
ジオ環境開発研究所 058-387-7977

TOP